「本」好きにはたまらない、居心地のいい空間

Library and Media Center

同志社中学校の図書・
メディアセンター

本とマルチメディアを駆使して、どんな疑問も解決。

図書館なしには同志社中学校の教育は語れないほど、生徒たちの学びを支える拠点となっています。通常の書籍だけでなく、漫画や雑誌、パソコンやiPadも常備され、生徒の知的好奇心に応えられる工夫がさまざまになされています。毎日、たくさんの生徒がここを訪れ、新たな発見や学びと出会っています。

tosyomc01

全国トップレベルの蔵書数、42,500冊

中学校としては全国でもトップレベルの約42,500冊の蔵書数を誇る。毎朝8時55分から開館しており、生徒は自由に図書を選び、調べものや、読書を楽しむことができます。生徒一人あたりの年間貸出冊数は京都の私学の中でも多く、同中生の読書好きを物語ります。休み時間や放課後は常に読書や学習、自由研究の調べものなどで創造心、探究心をふくらませる生徒たちであふれています。

tosyomc02

授業における、さまざまな活用も。

図書・メディアセンターには約40台のパソコンが設置されており、インターネットにアクセスできる情報館でもあります。生徒一人ひとりがIDとパスワードを持ち、一人一台体制でコンピュータを活用できる環境を整えています。さまざまな教科における調べ学習や、より創造的なメディア学習に備え、専門スタッフによるサポートも実施しています。

d9375

「マイ・ライブラリー」読書感想文の取組み。

本は知性と感性の泉であり、読む者の新たな認識や世界観を広げます。同中では夏休みと冬休みに読書と読書感想文を課題にして各自「マイ・ライブラリー」という冊子にまとめています。優秀作は、「学校通信」にまとめられ、その中から全国学校図書館協議会読書感想文コンクールに応募し、入賞する作品も少なくありません。

p_rouka_d9360

図書館から広がるさまざまな輪。

「図書・情報係」として有志の生徒が集まり、図書や情報に関する活動を自分たちで企画・実行しています。太平洋戦争下の「同志社」をテーマとした写真展や、収益金を災害救援基金や森林保護団体へ寄付する「古本市」を開催するなど、図書・メディアセンターを舞台とした読書好きな同中生のユニークで意欲的な取り組みが、内外から注目されています。

図書・メディアセンターについて

場 所  立志舘 2F

広 さ  536㎡(開架室 452㎡ 司書室&書庫 84㎡)

座 数  52席

▼蔵書数
2019年3月現在の図書館の蔵書数です。

分類
総記

哲学

歴史

社会
科学

自然
科学

技術

産業

芸術

語学

文学
冊数2,8591,8444,3484,8404,5632,0316804,4661,35015,54042,521

▼新聞
   朝日新聞 毎日新聞 京都新聞 沖縄タイムス Asahi Weekly 朝日中高生新聞

▼新聞記事検索データベース
   「朝日けんさくくん」「スクールヨミダス」

▼開館時間
 平常授業時 8:55~完全下校15分前まで
 ※長期休暇時、試験期間中などの開館時間はそのつど掲示します。

▼貸 出
 貸出冊数:一人3冊まで
 貸出期間:一週間

プライバシーポリシー 同志社の財政について サイトポリシー
本サイト内の写真・図版及びデータの無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2018 Doshisha Junior High School All Right Reserved.